ぱんつは優雅にお空を飛ぶよ

ピノ子は横浜と都内を中心に展示活動しているよ!

【ワンシーンイラストあり!】ボヘミアン・ラプソディ観てきたよ!

エ〜〜〜オ!!!!!!!

こんにちは、ピノ子です。
観てきたよ!ボヘミアン・ラプソディ!!!
事前予告ですでに泣いてました。

この先ネタバレ祭りですので!
自己防衛しっかりとね!

観てからだいぶ経つんだけど、打ち込んでたらテンション上がっちゃって思ったより長くなっちゃった!

最初に

QUEENの音楽よく聞くけど、リアルタイムでその出来事を観た聴いた訳ではありませんので悪しからず!(そもそも産まれてない)

QUEENが好きだ!映画良かった!と言うのが伝われば嬉しいです。

QUEENのことあまり知らない?
大丈夫!わたしも全部は知らないけど、最高のバンドだってのは知っているよ!

サントラで事前学習もバッチリだ!

なんでこの作品観に行ったの?

QUEENの映画がやるって聞いた時から観るって決めてたんダァ…。

小さい頃からCMや至る所でQUEENの曲は耳にしていましたが、父親が洋楽好きでその影響もあり、よく聞くバンドの1つでした。

ただし歌詞はわかってない。

ジョジョのスタンド技でも洋楽曲が付いてたりしますよね!

スタンド名の由来はそれぞれクイーンの楽曲「キラー・クイーン」、「シアー・ハート・アタック」、「アナザー・ワン・バイツ・ザ・ダスト」(邦題「地獄へ道づれ」)から[12]。

-引用:Wikipedia:吉良吉影より

ハァーッッッ!
音楽だけですでにワクワクするのに映像でも攻めてくるッッッ!!!

過去の映画レビューもよろしくね!

鑑賞前のわたし

  • 絶対泣くから大きめのハンカチ持って行こう
  • 絶対泣くからマスクして行こう
  • 観る前にQUEENの曲流そう

泣くのが大前提である。

本当かどうかは別として、なんとな〜く知っているのは

  • イギリスのモンスターバンド
  • ガガの由来
  • ジョジョのスタンド技
  • フレディが若くしてAIDSで亡くなった
  • フレディは男性も愛せる
  • 岡村隆史が踊ってた

などなど。

観る前にいろいろ調べてみた

まずQUEENのこと調べなきゃね!

1973年にデビュー。イギリス、アメリカ、日本をはじめ、世界中で成功したバンドの一つである。
これまでに15枚のスタジオ・アルバム、その他多くのライブ・アルバムやベスト・アルバムを発表。
アルバムとシングルのトータルセールスは2億枚以上と言われており、「最も売れたアーティスト一覧」にも名を連ねている。

引用: Wikipedia: クイーン (バンド)より

毎回恒例の事前にネタバレを踏むわたし。
(むしろネタバレを知った上で、実際どうなるのか見たいタイプ)

特に3つ目の史実と違うのは、映画ではどうなっているのか楽しみでした。

スタッフ&キャスト

  • 【監督】ブライアン・シンガー
  • 【脚本】アンソニー・マクカーテン
  • 【音楽】ジョン・オットマン
  • 【配給】20世紀フォックス
  • 【時間】134分

あらすじ

※超絶ざっくりあらすじ紹介

小さい頃から厳格な父親に 「善き思い、善き言葉、善き行いをしろ。」と言われて来たフレディ。

嫌だよね〜鬱陶しいよね〜。

フレディも同じことを感じていたが、ライブハウスで運命の出会いが!

そこからQUEENが始まり、メンバーとさまざまな方法を試して作った曲も世界中で大ヒット!
だけどもついて回る称賛、批判。

愛する妻がいるけど、フレディ自身にもある変化が。 そしてお決まりのメンバー内での衝突。
だけどよくある音楽の方向性の違いではなく…。
それは劇中で!確かめて!!

キャスト

※超絶ざっくりキャラ紹介でお送りします

フレディ・マーキュリー/vocal.piano(ラミ・マレック)

ご存知QUEENのボーカル、パフォーマンス最高ヒゲタンクトップダンディ。
でもヒゲタンクトップは映画後半から。

泣く。
ちゃんとしたのはこちらをどうぞ。
Wikipedia:フレディ・マーキュリー
Wikipedia: Category:フレディ・マーキュリーの曲

Bohemian Rhapsody、Killer Queen、We Are the Champions、Don't Stop Me Nowなどなど

※フレディだけでなく、他のメンバーとの共作も含みます。

ブライアン・メイ/guitar(グウィリム・リー)

QUEENのまとめ役ポジション。
みんなを見つめる眼差しに優しさが溢れてる。

泣く。
ちゃんとしたのはこちらをどうぞ。
Wikipedia:ブライアン・メイ
Wikipedia: Category:ブライアン・メイの曲

掛かるとそわそわしちゃうWE WILL ROCK YOUは彼から!

We Will Rock You

We Will Rock You

  • クイーン
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

ロジャー・テイラー/drum(ベン・ハーディ)

とってもキレイな顔立ち。
劇中ではフレディと結構衝突?
でもみんな家族。

泣く。
ちゃんとしたのはこちらをどうぞ。
Wikipedia: ロジャー・テイラー
Wikipedia: Category:ロジャー・テイラーの曲

ガガの Radio Ga Gaは彼から!

Radio Ga Ga

Radio Ga Ga

  • クイーン
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

ジョン・ディーコン/base(ジョゼフ・マゼロ)

控えめだけどバシッと言う時は言うぞ!
影の大黒柱。

泣く。
ちゃんとしたのはこちらをどうぞ。
Wikipedia:ジョン・ディーコン
Wikipedia: Category:ジョン・ディーコンの曲

個人的にストレス発散したい時に流す Another One Bites the Dustは彼から!
そんな攻撃的な曲を作るとは思わなかった…。

現在はメディアなどには出演せず、静かに暮らしているそうです。

Another One Bites the Dust

Another One Bites the Dust

  • クイーン
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

全員が作詞・作曲できちゃうので(そして大ヒットさせる)、役割はその都度変わります。
なんてバンドだ…。

ハンカチ足りなかった

鑑賞直後のわたし

そう、ギャン泣きなのだ…。

最大の見どころ、ライヴエイド

劇中のラスト15分近くかな?
ライブシーンなんですよ。
とびっきり最高のね!

「1億人の飢餓を救う」というスローガンの下、「アフリカ難民救済」を目的として、1985年7月13日に行われた、20世紀最大のチャリティーコンサート。

引用:Wikipedia:ライヴエイドより

日本がやっているチャリティなんて比較できないくらいのすんごいやつ。

その中でもクイーンは1番盛り上がったとか。

全出演陣中、最多の6曲を披露(一部の曲はショート・バージョンでの演奏)。
そのライヴ・パフォーマンスは他を圧倒し、ボブ・ゲルドフも彼らを絶賛した。この出演が当時、解散寸前状態と言われていたバンドを再浮上させる大きな転機となった。
このステージの模様はクイーンを題材として33年後の2018年に公開された映画「ボヘミアン・ラプソディ」にて細部に至るまで忠実に再現された。

引用:Wikipedia:ライヴエイドより

当時の臨場感をどう撮影したのかちょっとわからないのですが、ギャン泣きだからね。

ファッションも煌びやか

60〜70年代ファッションってヒッピー系?
とにかくカラフル!派手!最高!

この年代に活躍したモデルってtwiggyとかかな。
Embed from Getty Images

Embed from Getty Images

Jane Birkinが70年代ぴったりかな?

男性陣もスーツもあり、派手なステージ衣装ありと見ていて飽きないです。

詳しい感想

出だしの20世紀フォックスの音楽が!!!
ズルイ!!!そこから!?

私的フレディはヒゲタンクトップダンディのイメージが強く、序盤のヒッピー系?スタイルでは違和感が。

楽曲制作中のメンバーとのワイワイ具合や、フレディが恋人といる時のキラキラがね…。
うまく表現できないんだけど、ほんっとうにキラキラしててね…。
少年の目?純粋な目?なんですよ…。

このシーンとかもう…もう…。

メンバー内で言い合いしている時に、ジョンが言葉を発さずAnother One Bites the Dusのイントロを弾いたりして、これがまたね…。

フレディが妻以外に、それも男性に感情を持つことの戸惑い、でも妻のこと大好きなんだよ!愛してるんだよ!

そしてAIDSを発症し、メンバーに告白する時の雰囲気もさぁ…受け入れ難いはずなのに最後までやるぞ!家族だぞ!って。
あ〜〜ムリムリムリ、画面が見えない。

距離を置いていたのかな?
「善き思い、善き言葉、善き行いをしろ。」と口うるさかった父親に「ライヴエイドやるんだ。」って伝えたシーンもさぁ…。
あ〜〜ムリムリムリ、画面が見えない。

ライヴエイドでのシーンね、あれ演技なの?わたし普通にライブ観てたよ?スタジアムにいたよ?
って勘違いするほどでした。
アツイ、最高にアツイ。

歌詞が表示されるんだけどさぁ、それがQUEENの心の叫び声に聴こえてね…。

そしてギャン泣きするわたし。
周りも泣いてる。
ハンカチ足りない。

冒頭のステージに向かうシーン、わたし最初「????」状態だったんです。
でもライヴエイドのシーンを観て「アッッッ!そういう…ムリ〜〜〜〜〜!!!」って。

ムリ〜〜〜!!!!最高…。しか言えない語彙力だから、観て!!!!!

世代的にクリティルヒットした方はもう瀕死状態だと思います。
わたしの父親とかドンピシャ世代だからね。

史実と違う部分

※この先デリケートな部分ですので悪しからず。

こちらのまとめにある、史実と違う部分。
それはフレディがAIDSと診断された時期

当時はもっと偏見の目もあったでしょうし、「HIV感染からのAIDSで亡くなる=男性と関係を持った」に直結したと思います。
HIV感染は誰がなってもおかしくないです。

今は人種、国籍、性別その他たくさんありますし、それを公言している人もたくさんいます。

今だからこそこの映画を通してだと、よりも理解が深まりますし、もっとたくさん知ってもらえると思います。
ですので、AIDSと告白した時期をライヴエイド中にしたのは良かったんじゃないかとわたしは思います。

鑑賞された方の意見も聞きたいところです。

気になったところ

気になったところというか、楽曲が流れているシーンは静かに座っていられない。
体が!リズムを!とっちゃうの!

カメオ出演もあるぜ!

現QUEENボーカルのアダム・ランバートが出てるとのこと!
でもわたし分からなかった!!

これglee ver.なんだけどかっこいいから…。
曲だけじゃなくてパフォーマンスシーンも観て…。

Marry the Night (Glee Cast Version) [feat. Adam Lambert]

Marry the Night (Glee Cast Version) [feat. Adam Lambert]

  • Glee Cast
  • ポップ
  • ¥200
  • provided courtesy of iTunes

オースティンシリーズのマイク・マイヤーズも!
演技がまるっと違ってたから全然わからなかった…。
すごい…。

まとめ

観て!!!!!

今度は応援上映会かIMAXのいい音で!聴きたい!!

楽曲制作している時のメンバーと絵を描いている時のじぶんをちょっと重ねちゃったりして、とても絵が描きたくなりました。

なんだかんだ作品作るのは楽しいんだよ…!

家族としてあり続けたQUEEN、そして最高のパフォーマーであり続けたフレディ・マーキュリーを是非観て!

サントラもあるぞ!!!

こっちのジャケットも素敵だよ。

わたしの初QUEEN CDはこちら。

次は何を見ようかな

ガガ!!!

おまけ


あんたが大将/ピノ子
Mail ※ wo_wonder_land@yahoo.co.jp
Twitter ※ @pinoko_land